TOP

新着情報

カラーのこだわり♪

今回はFigaroのカラーのこだわりを紹介♪

 

Figaroでは、過去に染めて既に明るくなっている場所には、それ以上のダメージは加えたくありません。

根元に使ったカラーでも、時間が経っているから毛先に塗っても傷まない、、、訳ではありません。

弱アルカリも微アルカリもアルカリには変わりありません。

これ以上明るくしなくてもいい場所に色味を足したい場合、Figaroは酸性のカラーを使用します。

お客様の髪の履歴・髪質・肌質を考えつつ出したい色味を出す。

どんな状況でも最小限のダメージに収める。

『毎月染め続けても、傷まないカラー 』

それがFigaroのカラーに対する拘りです(^-^)v

 

Figaroでカラーするようになって、髪が綺麗になった!とお客様から実際にお声を頂いてます♪
髪や頭皮のケアメニューも御用意しております。
是非フィガロで施術してみて下さい(^^)

 


Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

福利厚生 リロクラブ